マイクロスコープ治療-恵比寿の歯医者・インプラント・歯科は個室治療の恵比寿デンタルクリニック東京

土日診療可。渋谷区恵比寿の歯医者・歯科医院・インプラントなら個室診療の当院へ。

診療時間
月~金 9:00-13:00 / 14:30-18:30
土・日 9:00-14:30(最終受付30分前)
休診日
祝日・年末年始
診療時間
月~金 9:00-13:00 / 14:30-18:30
土・日 9:00-14:30(最終受付30分前)
休診日
祝日・年末年始

マイクロスコープ治療

当院では、マイクロスコープを使った治療を行っております。マイクロスコープとは歯科専用の顕微鏡で、肉眼の3~20倍に拡大した視野で治療することが可能となります。これにより、肉眼では見づらい病変を見逃すことなく適切な処置を行うことが可能です。歯科医師として納得のいく治療をする上で、今ではなくてはならない設備と言えます。当院では一般的な歯科(ムシ歯治療)と根管治療、再生治療において手術用マイクロスコープを使い、ふさわしい治療を行っております。

※マイクロスコープ治療は自由診療となります。

技術が求められるマイクロスコープ治療

マイクロスコープは、もともと耳鼻科や眼科で使われるようになった機材で、その後、脳神経外科、心臓外科などで使用されるようになりました。歯科治療に用いられるようになったのは1990年代ですが、現在、日本の歯科医院のマイクロスコープの普及率は数パーセントと言われています。

マイクロスコープの普及が遅れている原因としては、この機材が高価であること、歯科領域で使われる歴史がまだ浅いことから教育の場が限られている、といったことが考えられます。マイクロスコープを十分に使いこなすには、歯科医師が知識と経験を身につけている必要があります。

当院におけるマイクロスコープを用いた治療

マイクロスコープを用いたムシ歯治療

初期のムシ歯は痛みを感じにくいため、患者様ご自身でも痛みを自覚しにくいです。そればかりか、歯科医師も見つけられないことがあるため、気づいたときにはムシ歯が相当進んでしまっている、ということもあります。

しかしマイクロスコープを使うと、肉眼では確認できないようなムシ歯や、僅かなヒビも発見できるので、ごく小さなムシ歯のリスクも見逃しません。また、ムシ歯を削る際にもMI(ミニマルインターベンション)が可能で悪い部分だけを除去するなど、歯を削らず、可能な限り残すことが可能となります。

削った部分に詰め物を充填する際にも、マイクロスコープを使うことで、目に見えないような段差もなく、なだらかに詰めることが可能となります。これによりムシ歯の再発予防にも役立てることができます。

マイクロスコープを用いた根管治療

根管治療は、肉眼では決して見ることができない歯根の先端部分まで確認しながら治療する必要があるので、マイクロスコープが力を発揮する治療です。歯の中にある根管は、とても複雑に入り組んだ構造をしています。しかし直接見ることができないことから、肉眼ではまったくの手探りで、経験と勘を頼りに治療を行ってきました。そのため治療がうまくいかない場合、予後が悪く、最悪の場合は抜歯せざるを得ないこともありました。

しかしマイクロスコープを使うことにより、歯の内部を拡大し、直接肉眼で根管内部を見ながら治療を行うことが可能となりました。そのため、従来では考えられなかった副根管の治療までできるようになり、予後の再治療を防ぐことができるようになりました。

マイクロスコープを用いた再生治療

歯周病が進行すると、炎症が歯肉の奥深くまで達してしまい、歯周組織が破壊されていきます。程度がひどい場合には、歯周組織を回復させるための歯周外科手術を行わなければならなくなります。その際に重要なのは、歯周病菌に感染した患部を除去し、汚れをしっかり取ることです。マイクロスコープを使うことによって、これまで肉眼ではわからなかった感染部分の除去が可能となり、取り残しのリスク防止に活躍しています。

恵比寿デンタルクリニック東京グループのご紹介

  • みらい歯科<本院・研修センター>みらい歯科
    <本院・研修センター>
  • アイランドタワーデンタルオフィスアイランドタワー
    デンタルオフィス
  • 港南台パーク歯科クリニック港南台パーク歯科クリニック
  • みらい歯科港南台診療みらい歯科港南台診療所
  • 国立緑歯科クリニック国立緑歯科クリニック
  • せたがや歯科室せたがや歯科室
  • 銀座みらい歯科銀座みらい歯科
  • 再生医療審美インプラントLabo再生医療審美
    インプラントLabo
  • 提携技工所有限会社デンタルビジョン有限会社デンタルビジョン