咬み合わせと歯周病の関係

咬み合わせと歯周病の関係歯周病は、お口の中で歯周病菌が増殖することによって起こると思われていますが、実際には咬み合わせがよくないために起きているケースが多いのです。咬合異常によって起きるひどい歯周病は、咬合性外傷と呼ばれます。咬合性外傷は、歯ぎしりや食いしばり、歯並びの乱れ、被せ物等の咬み合わせが高い場合などに起こります。

歯周病も咬合性外傷も歯槽骨を細らせていき、最終的には歯を失うことになるので、早めに治療をすることが肝心です。このような場合には、歯周病の治療と併せてマウスピース治療など、咬み合わせの治療を行っていくことが重要です。

歯周病治療についてはこちら
マウスピース治療についてはこちら

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム