矯正治療を必要とする不正咬合

叢生(八重歯、ガタガタ)叢生(八重歯、ガタガタ)
あごに対してすべての歯が正常に並ぶスペースが不足して起こる不正咬合です。治療せずに放置しておくと、時間の経過と共に歯並びがさらに悪くなることがあります。また歯磨きがしにくいので、ムシ歯や歯周病になりやすくなります。

上顎前突(出っ歯)上顎前突(出っ歯)
上あごの歯が前方に突出した状態をいいます。あごに対してすべての歯が正常に並ぶスペースが不足している場合や、遺伝または過度な指しゃぶりによって生じることがあります。口が閉じにくくなることで口腔内か乾燥し、ムシ歯になりやすくなります。

反対咬合(受け口)反対咬合(受け口)
下あごの歯が上あごの前歯より前方に出ている状態。上あごの劣成長、下あごの過成長、またその両方が原因となって起こります。反対咬合によって前歯や臼歯の正常な機能が妨げられ、歯の摩耗を引き起こしたり、顎関節症の原因となる場合もあります。

過蓋咬合過蓋咬合
噛み合わせたときに上の歯が過度に下の歯を覆うように被さっている状態。一般的に遺伝や悪習癖、歯を支える骨の異常発達が原因となって起こります。歯ぐきの炎症や歯の摩耗を引き起こしやすく、顎関節症の原因となることもあります。

開咬開咬
上下の歯に隙間ができ正常に噛み合わさっていない状態。歯の遺伝的な異常構造や、幼少期の指しゃぶりによって引き起こされます。開咬が原因で咀嚼時の痛みや噛む力の低下、さらには言語障害を引き起こすことがあります。

空隙歯列(すきっ歯)空隙歯列(すきっ歯)
顎骨の発育異常や歯の欠損によって歯の歯の間に隙間が生じている状態です。空隙歯列による隙間は歯の支えをなくし、歯周病のリスク増加など歯周組織の問題につながる場合もあります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム