当院で行っている主なメインテナンスメニュー

検査メインテナンスメニュー
歯周病の有無を診るために歯周ポケットの深さをミリ単位で測定する「歯周ポケット検査」、顎の骨がどれくらい残っているかを調べるレントゲン検査など、歯周病に関わる検査をしっかりと行います。

クリーニング
◇スケーリングとルートプレーニングメインテナンスメニュー
スケーリングでは、歯肉や歯周ポケットに溜まっている歯垢や歯石を除去します。ルートプレーニングは、スケーリングをしたあとの歯根の表面を滑らかにします。スケーリングで歯垢などを取ったあとは表面がざらついており、そのままでは再び歯垢がつきやすく、ムシ歯や歯周病になるリスクが高まります。そこで、仕上げとしてルートプレーニングを行います。

◇PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)メインテナンスメニュー
歯科衛生士による、専門器具を用いた歯のクリーニングです。ご自身で除去できないような歯の表面の汚れや着色を徹底的に清掃し、研磨します。研磨は、機械ブラシのほか、ゴムのチップを使ってバイオフィルムを剥がし取ります。
※ご要望があれば、クリーニングのあと洗浄してフッ素塗布もいたします。

◇フッ素塗布メインテナンスメニュー
ムシ歯から歯を守る働きがあることで知られているフッ素を塗布します。

<フッ素の歯に対する作用>
・再石灰化を促す働き →エナメル質の周りにフッ化物があると、脱灰した部分の再石灰化を促進するため、エナメル質を補修しやすくなります。

・フルオロアパタイトを生成 → フルオロアパタイトは、酸に対する耐性がある組織です。フッ素を歯に塗布することにより、エナメル質に含まれるハイドロキシアパタイトに作用してフルオロアパタイトに変化させます。

<フッ素の細菌に対する作用>
これらの作用によって、細菌が増殖するのを抑える効果があります。
・細菌の活動を抑制
・細菌の酵素作用を抑制

●フッ素を塗布すると、歯が黒ずむ?
ムシ歯を予防するフッ化物液で歯が黒くなることはありませんので、ご安心ください。歯が黒ずむのは、サホライドというムシ歯の進行を抑える働きを持つ薬剤を使ったときです。

TBI(Teeth Blushing Instruction)メインテナンスメニュー
歯科衛生士によって行われる歯みがき指導です。歯みがきをするとき、磨き癖があったり奥歯までブラシが届いていなかったりすると、歯垢が落ちきれずにムシ歯が進行してしまいます。また、磨きすぎてしまうために、歯の表面が削れてしまってムシ歯を誘発させることもあります。

こうした要因をなくして適切な歯みがきをするために、歯科衛生士がしっかりと指導いたします。また、主訴の治療以外でも、歯垢や歯石が溜まっているのが確認された場合には、TBIのための時間を改めて取り、衛生士がしっかりと指導いたします。
※TBIに要する時間は30分です。

シーラントメインテナンスメニュー
奥歯は溝が深いために食べカスが溜まりやすく、また歯ブラシが届きにくいので十分に汚れを落とすことができず、非常にムシ歯になりやすい歯ということができます。そこで、この溝にフッ素を配合した樹脂を埋めて浅くすることによってムシ歯になりにくくする処置がシーラントです。シーラントは、歯を削る必要がないので痛みもありません。

ただし、シーラントをしても、正しい歯みがきをしなければ歯と歯ぐきの間からムシ歯になっていきます。歯みがきをしっかり行うと同時に、歯間ブラシやフロスの使用をお勧めします。

3DS(Dental Drug Delivery System)メインテナンスメニュー
3DSとは、ムシ歯や歯周病の原因菌に対し、薬剤の効果を最大限に高めて投与することでムシ歯や歯周病を予防する方法です。専用のマウスピースに薬剤を注入して装着し、ムシ歯菌や歯周病菌に直接作用させます。

<3DSの適応者>
・ムシ歯になりやすい方、ムシ歯で苦労してきた方
・歯周病になりやすい方
・詰め物や被せ物などの治療痕が多い方
・これから矯正治療を始める方

※母子感染を防ぐため、ご自宅に乳歯が生え始めているお子さまがいるご家族にも有効です。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム