入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

歯が抜けた部分を修復する治療法には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあり、それぞれに特徴があります。

入れ歯入れ歯
<入れ歯のメリット>
・抜けた歯の数が多くても対応でき、総入れ歯も可能
・比較的治療が簡単で、保険適用の入れ歯もある

<入れ歯のデメリット>
・硬いものを咬むのに苦労する
・お手入れが面倒
・食べ物が挟まるなど、不衛生になりやすい
・留め金が口の中の違和感を生みやすい
・部分入れ歯はバネで支えるため、ほかの歯に負担がかかり、ほかの歯がムシ歯になりやすい
・審美的に劣ることがある
・発音しにくくなることがある
・顎の骨が痩せてくる

ブリッジブリッジ
<ブリッジのメリット>
・口の中に違和感がない
・天然歯と変わらない歯に修復でき、審美的に優れている

<ブリッジのデメリット>
・ブリッジを支えるために両隣にある健康な歯を削る必要がある
・ブリッジを支える歯に負担がかかる
・ブリッジと歯肉との間に食べカスが溜まりやすく、不衛生になりやすい
・顎の骨が痩せていき、歯並びに悪影響が出ることがある

インプラントインプラント
<インプラントのメリット>
・天然歯と同じように力を入れてものを咬める
・天然歯と変わらない歯に修復でき、審美的に優れる
・健康な歯を傷つけずにすむ
・歯周病の進行を食い止めることができる(※)
・力強く咬むことができるので、顎の骨が痩せにくい

※インプラント治療によって咬み合わせをよくすることができるので、歯周病が進んでいる場合でも、それ以上進行させずにすみます(ただし、術前に歯周病の治療を行う必要があります)。

<インプラントのデメリット>
・手術が必要
・入れ歯やブリッジに比べて治療費がかかる(自由診療)
・状態によってはインプラント治療ができないことがある

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム