インプラント治療の安全性を高める【ガイデッドサージェリー】

当院では、安全かつ確実なインプラント治療を行うために、ガイデッドサージェリーを導入しています。ガイデッドサージェリーとは、歯科用CTで撮影した画像をもとに治療計画から埋入までのシミュレーションを行い「フラップレス術式」という無切開無痛手術の安全性を一段と向上させた手術法です。

ガイデッドサージェリーガイデッドサージェリーガイデッドサージェリー

当院では、シミュレーションソフトとしてノーベルガイドケア社の「ノーベルクリニシャン」を使用しております。ノーベルクリニシャンを用いると、3D画像を見ながら埋入位置を決定できるので、より精度の高い手術が可能となります。

ノーベルクリニシャンを用いて行うガイデッドサージェリーは、通常ならば歯肉を切開して施術せざるを得ない難易度の高い条件下でも、無切開無痛手術を行うことを可能としています。歯ぐきを切開しないため、痛みや腫れが少なく、手術時間も短縮され、抜歯もせずにすみます。

また、一部の例外を除き、ガイデッドサージェリーが行えるのであれば、即時負荷インプラント(その日のうちに仮歯を入れられるインプラント治療)をすることもできます。

ガイデッドサージェリーの流れ
【STEP1】CT撮影
CTで得られた3Dデータをもとに、ノーベルクリニシャンを用いてインプラントのシミュレーションを行います。
次へ
【STEP2】テンプレート作成ガイデッドサージェリー
シミュレーションしたデータをスウェーデンにあるノーベルガイドケア社に送ると、手術用のテンプレート(型枠)が作られます。
次へ
【STEP3】インプラント埋入
送られてきたテンプレートを口に装着し、手術をします。テンプレートを使うことで、正確に決められた位置・深さにインプラントを埋入できます。また、従来の半分以下の時間で埋入を終えることができます。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム