歯周病の治療

歯周病の治療当院では「歯周病は歯科治療の土台」とも言えると考えております。ほかの治療をするにおいても、まずは歯周病の有無を調べ、病気が認められる場合にはこちらの治療から始めることを推奨しております。

基本治療
歯周病の進行に関わらず、はじめに行うべき治療です。病気の原因となるプラークの除去、歯石の除去を行い、さらに歯根面を滑らかにし、ぐらつく歯の咬み合わせを調整します。

●歯みがきによるプラークコントロール
ほとんどは、患者様ご自身がご自宅で行うセルフチェックとなります。当院では器械的に歯の清掃をするPMTCも行っております。

PMTCについてはこちら

●スケーリング
歯の表面や歯根面の歯垢や歯石を器械で取り除きます。

●SRP(歯肉縁下スケーリング・ルートプレーニング)
麻酔を使用し、歯周ポケットに入り込んだ歯石(縁下歯石)や炎症を起こした組織(不良肉芽)を専用の器具を使って掻き出します。

当院では、スケーリングからSRPまでを1時間かけてじっくりと治療しております。そうすることにより、治療後の予後が非常によいという結果が出ています。歯周病の進行に伴って歯は動いていきますが、その状態でものを咬むと歯への負担が増してしまいます。そのため、歯を削るなどして負担を軽くし、咬み合わせの調整をいたします。

外科的治療(歯周外科)歯周病の治療
基本治療では改善されず、細菌が生息している状態や歯周病が進行してしまった場合には、外科的治療で歯周ポケットの深さを減らす処置を行います。また、歯周病によって失われた歯槽骨を再生させる手術を行う場合もあります。

●APF(アピカリー・ポジションド・フラップ)
歯根を保護し、歯肉を回復させる治療法です。歯肉が狭い場合や深い歯周ポケットがある場合に、良好な歯ぐきの状態を形成したり、歯肉を維持あるいは増加させたり、歯周ポケットを除去したりします。術後は歯ぐきが下がって歯根が露出するため、知覚過敏が起こりやすくなります。また、二次う蝕も起こりやすくなるため、プラークコントロールを十分に行う必要があります。

●歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケットの深さが4ミリ程度の軽度の歯周病が対象となります。スケーラーを使って、歯根の表面についた汚れや歯周ポケットの内壁の感染した組織を取り除きます。清潔になった歯根面に歯ぐきが付着するので、汚れが溜まりにくくなります。

●エムドゲイン
エムドゲインゲル(歯周組織再生誘導材料)を使って歯周組織を再生させる治療法です。歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れを取り除いてからエムドゲインゲルを注入し、歯周組織を再生させます。

再生療法についてはこちら

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム