削るべきときは削り、抜くべきときは抜く治療を

一般歯科現在ムシ歯治療では、MI(ミニマルインターベンション)といって、できるだけ歯を削らない、削るとしても最小限にするという治療が盛んに行われています。もちろん、その考え方は大切です。しかし、症例によってはある程度削ったり、ときには抜いてしまったりした方が、予後がよい場合があります。

たとえば咬み合わせが悪い場合、歯を一定量削る必要が出てきます。一例ですが、咬合性外傷というのは、咬み合わせによる負担のために、歯や歯ぐき、歯を支えている骨、顎の関節が負傷する可能性があります。この場合、歯が摩耗したり折れたりすることがあるので、治療では外傷を起こしている歯の部分を削り、咬み合わせを正常にします。

ムシ歯部分を削って詰め物や被せ物をするときには、ある程度削ってしまわないと、製作した詰め物や被せ物がうまく合わなくなることがあります。また、削ることによって、詰め物などが外れにくくなるのです。歯周病治療でも、症状が進んでいる歯を抜かずに残しておくことで、かえって隣にある健全歯に悪影響を与えてしまうことがあります。こうしたときには、やはり抜歯をして歯周病を根治させなければなりません。

もちろん、こうして歯を削ったり抜歯をしたりする場合には、なぜそうした処置が必要となるのかをていねいにご説明いたします。患者様に納得いただいた上で、処置をいたします。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム