ムシ歯の進行度別治療

COの治療CO
歯の表面のエナメル質が脱灰して溶け始めた状態です。健康な歯は表面に透明感がありますが、脱灰が起きた部分は白っぽく濁って見えるのが特徴です。以前はこの部分を削って治療していましたが、現在は削らずに、適切な歯みがきやフッ素塗布などで進行を防ぎます。

C1の治療C1
初期のムシ歯です。ムシ歯部分を削って取り除き、レジンという修復材を詰めます。レジンは光に反応して固まる性質があり、型採りをしなくてすみます。この段階であれば治療は1回ですみ、費用も高額にはなりません。

C2の治療C2
ムシ歯がエナメル質の内側にある象牙質まで達した状態です。進行が早くなり、痛みが生じるようになります。治療では、症状によって局所麻酔を使用し、ムシ歯部分を削ります。削る部分が大きな場合には、インレー(詰め物)をします。型を採るので、治療には少し時間がかかります。

C3の治療C3
ムシ歯がさらに深くまで進み、歯髄まで侵された状態です。熱いものがしみ、何もしなくても痛みがあります。ここまでくると、歯髄と炎症が起きている部位を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。歯の修復では、部分的なインレーを使うことができないことがほとんどなので、土台を作った上で歯全体を覆うクラウンを被せます。

C4の治療C4
末期のムシ歯で、歯そのものが崩壊した状態です。C3の場合と同じように土台を作ってクラウンを被せるか、あるいは抜歯をする必要があります。激しい痛みがありますが、そのまま放置すると、やがて痛みがなくなってきます。これは神経が壊死したためで、治療せずにいると根っこに膿が溜まり、激しく痛みます。治療の際には麻酔をかけますが、ここまでくると麻酔も効きにくくなります。抜歯をした場合は、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントを行う必要があります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム