生え変わる前の乳歯のメインテナンスが大切です

小児歯科

「子どもの歯はいずれ生え変わるから、ムシ歯になっても大丈夫」そんな思い込みから、乳歯のムシ歯を軽く考えていませんか?しかし乳歯の健康状態は、お子さまの成長に非常に大きな影響を与えるのです。

ムシ歯があると、食べ物をしっかり咬むことができなくて消化不良を起こします。また、ムシ歯を避けて片側の歯だけで咬む癖がついてしまうと、顎の発育が偏って顔の形まで変わってしまいます。さらに、ムシ歯のために歯並びが乱れると、永久歯の歯並びまで悪くしてしまいます。

ムシ歯にならないよう、乳歯の頃から歯みがきなどの予防習慣をつけることが大切です。もしもムシ歯になってしまったら、できるだけ早く治療を始めましょう。そのためにも、ご家族の皆様でお子さまのお口の状態に日頃から気を配ってください。

「歯医者さんは怖い」というイメージを持たせないようにします

小児歯科乳歯の時期からお口のメインテナンスをしっかり続けていけば、ムシ歯とは無縁の永久歯を作ることが可能です。当院では、まずお子さまに歯科医院に慣れてもらい、歯科医師やスタッフと親しんでから治療を始めます。

最初はお母様と一緒にチェアに座ることから始め、次に歯ブラシや治療で使う機材に触れて治療に慣れてもらうようにします。ときには鏡をもち、自分のお口の中を見てもらうことも。こうして徐々に慣れていただき、歯科治療に対する恐怖心を和らげていきます。次第に歯科治療に慣れていく様子から、お母様はお子さまの成長する姿を目にすることでしょう。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム