高い技術に裏づけられた安心・安全な治療を提供します

インプラント

「食事をするときに入れ歯ではもの足りない」
「自分の歯と同じようにしっかり噛んで食べたい」
「ブリッジを勧められたけど、歯を削られるのはためらわれる」
「見た目にも天然歯と変わらない歯にしたい」

こうしたご要望にお応えする、最良の治療がインプラントです。当院では、歯が抜けた部分の顎の骨に人工歯根を埋入する通常のインプラント治療はもちろん、顎の骨がなくなってしまった部分にも、高度な技術と最新の治療システムを取り入れることで、十分に安全なインプラント治療を行っております。

●インプラントとはインプラント
インプラントとは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨に、チタン(あるいはチタン合金)でできた人工歯根を埋め込んで土台を作り、セラミックなどの歯冠を被せて新しい歯を作る治療法です。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

歯が抜けた部分を修復する治療法には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあり、それぞれに特徴があります。

入れ歯入れ歯
<入れ歯のメリット>
・抜けた歯の数が多くても対応でき、総入れ歯も可能
・比較的治療が簡単で、保険適用の入れ歯もある

<入れ歯のデメリット>
・硬いものを咬むのに苦労する
・お手入れが面倒
・食べ物が挟まるなど、不衛生になりやすい
・留め金が口の中の違和感を生みやすい
・部分入れ歯はバネで支えるため、ほかの歯に負担がかかり、ほかの歯がムシ歯になりやすい
・審美的に劣ることがある
・発音しにくくなることがある
・顎の骨が痩せてくる

ブリッジブリッジ
<ブリッジのメリット>
・口の中に違和感がない
・天然歯と変わらない歯に修復でき、審美的に優れている

<ブリッジのデメリット>
・ブリッジを支えるために両隣にある健康な歯を削る必要がある
・ブリッジを支える歯に負担がかかる
・ブリッジと歯肉との間に食べカスが溜まりやすく、不衛生になりやすい
・顎の骨が痩せていき、歯並びに悪影響が出ることがある

インプラントインプラント
<インプラントのメリット>
・天然歯と同じように力を入れてものを咬める
・天然歯と変わらない歯に修復でき、審美的に優れる
・健康な歯を傷つけずにすむ
・歯周病の進行を食い止めることができる(※)
・力強く咬むことができるので、顎の骨が痩せにくい

※インプラント治療によって咬み合わせをよくすることができるので、歯周病が進んでいる場合でも、それ以上進行させずにすみます(ただし、術前に歯周病の治療を行う必要があります)。

<インプラントのデメリット>
・手術が必要
・入れ歯やブリッジに比べて治療費がかかる(自由診療)
・状態によってはインプラント治療ができないことがある

インプラント治療の安全性を高める【ガイデッドサージェリー】

当院では、安全かつ確実なインプラント治療を行うために、ガイデッドサージェリーを導入しています。ガイデッドサージェリーとは、歯科用CTで撮影した画像をもとに治療計画から埋入までのシミュレーションを行い「フラップレス術式」という無切開無痛手術の安全性を一段と向上させた手術法です。

ガイデッドサージェリーガイデッドサージェリーガイデッドサージェリー

当院では、シミュレーションソフトとしてノーベルガイドケア社の「ノーベルクリニシャン」を使用しております。ノーベルクリニシャンを用いると、3D画像を見ながら埋入位置を決定できるので、より精度の高い手術が可能となります。

ノーベルクリニシャンを用いて行うガイデッドサージェリーは、通常ならば歯肉を切開して施術せざるを得ない難易度の高い条件下でも、無切開無痛手術を行うことを可能としています。歯ぐきを切開しないため、痛みや腫れが少なく、手術時間も短縮され、抜歯もせずにすみます。

また、一部の例外を除き、ガイデッドサージェリーが行えるのであれば、即時負荷インプラント(その日のうちに仮歯を入れられるインプラント治療)をすることもできます。

ガイデッドサージェリーの流れ
【STEP1】CT撮影
CTで得られた3Dデータをもとに、ノーベルクリニシャンを用いてインプラントのシミュレーションを行います。
次へ
【STEP2】テンプレート作成ガイデッドサージェリー
シミュレーションしたデータをスウェーデンにあるノーベルガイドケア社に送ると、手術用のテンプレート(型枠)が作られます。
次へ
【STEP3】インプラント埋入
送られてきたテンプレートを口に装着し、手術をします。テンプレートを使うことで、正確に決められた位置・深さにインプラントを埋入できます。また、従来の半分以下の時間で埋入を終えることができます。

手術1回法【ITIインプラント】

ITIインプラントインプラントを埋入する方法には1回法と2回法があります。2回法は、顎の骨にインプラントを埋め込む手術に加え、インプラントと人工歯を接合するパーツをさらなる手術で植え込む方法です。

これに対してITIインプラントは、あらかじめ人工歯を接合する部分が歯肉上に作られているので、1回の手術ですみます。ただし、骨を形成する必要がある場合には、インプラントの前に骨形成手術が必要になることもあります。

また、ITIインプラントは骨内表面にSLAという独自の形状を持っているのが特徴です。SLAとは、チタンの表面にマクロラフネスとマイクロラフネスという微細な構造を与えたものです。これにより、埋入したインプラント体と骨とが早期に結合でき、早ければ埋入後6週間という短期間で人工歯を装着することが可能となります。

手術が怖いという方に【静脈内鎮静法】

静脈内鎮静法当院では、必要に応じて静脈内鎮静法も行っております。当院には麻酔認定医がおりますので「インプラント治療の手術が怖い」という患者様には静脈内鎮静法で対応することができます。

静脈内鎮静法とは、腕の静脈に鎮静剤を点滴する方法で、点滴を始めて数分後には眠くなります。全身麻酔と違って意識はありますが、不安や緊張感が和らぎ、痛みを感じにくくなります。

※術後はふらつくことがありますので、しばらく休息が必要です。また、当日は自動車の運転などは控えていただきます。

顎の骨が薄い場合でも可能なインプラント

インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込みますので、十分な骨量が不可欠です。しかし、歯周病が進行して歯が抜けてしまった場合や、ムシ歯が進行して抜歯をした場合、時間が経つにつれて歯がない部分の顎の骨が次第に薄くなっていくことがあります。このような方は、通常インプラント手術を断られてしまいますが、十分な骨量がない場合でも、当院では造骨手術で骨を補う治療を行っていますのでご安心ください。

GBR(骨誘導再生)法
GBR
GBR法とは、顎の骨が痩せてインプラントを埋入するための幅が十分にない場合、骨量を増やす方法です。骨量を増やすには、骨補填剤と自家骨(頬の奥の骨)を混ぜたものを歯肉の内部に入れ、チタンメッシュという網状の膜で覆います。そうすることで骨が誘導再生され、人工歯を装着することができるようになります。十分に骨が再生されるまでには、およそ4~6か月かかるとされています。

上顎の骨を増骨するサイナスリフトとソケットリフト
●サイナスリフト
サイナスリフト
骨の厚みが3~5ミリ以下の場合や、抜けてしまった歯の数が多い場合に行います。上顎の奥歯の上方にある上顎洞(サイナス)という空洞に骨移植をするか、骨と同じ組成を持つ充填剤を埋めていきます。骨ができるまで3〜4か月程度待ち、インプラントを埋入します。

●ソケットリフト
ソケットリフト
骨の厚みが3~5ミリ以上ある場合に行います。歯が抜けた(あるいは歯を抜いた)部分から上顎の骨に穴を開け、骨移植をしてからインプラントのネジ部分を埋入します。この状態で3か月ほど待ち、人工歯を装着します。ソケットリフトはサイナスリフトよりも侵襲度が低いので、術後に腫れたり痛んだりすることがほとんどありません。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム