日本人の成人は80%が歯周病にかかっています

歯周病治療

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患です。毎日の歯みがきで歯と歯肉の間をきれいにしていないと、そこに歯垢(プラーク)が溜まり、非常にたくさんの細菌が繁殖していきます。その結果、歯肉が炎症を起こして赤くなったり腫れたりします。これが進行すると、歯と歯肉の間に歯周ポケットができて歯槽骨を溶かし始めます。ひどくなると、歯が抜けてしまったり、抜歯しなければならなくなったりします。

歯周病を進行させる因子歯周病
適切な歯みがきをしていないことにより、歯と歯ぐきの間を中心に歯垢(プラーク)が溜まります。プラークはそのままにしておくと硬くなっていき、やがて歯石という物質に変化し、歯の表面に付着します。歯石になると、歯みがきだけでは取り除けなくなります。歯石にはさらに歯周病菌が入り込み、毒素を出して歯周病を進行させていきます。このほか、歯周病を進行させる因子として以下のようなものがあります。

・歯ぎしり、食いしばり、咬みしめ
・クラウンや義歯の不適合
・不規則な食習慣
・喫煙
・ストレス
・糖尿病、骨粗しょう症、ホルモン異常などの全身疾患
・薬の長期間服用

歯周病の症状

歯周病の症状次の項目に3つ当てはまる方は歯周病予備軍です。しっかり予防をしましょう。6つ当てはまる場合は歯周病が進行している可能性があり、すべて当てはまる場合は症状がかなり進んでいます。気になることがあれば、早めに歯科医院へ行きましょう。

□ 朝起きたとき、口の中がネバネバしている
□ 歯みがきをすると出血がある
□ 口臭が気になる
□ 歯肉が痛い、あるいはむずがゆい
□ 歯肉が赤くなり、腫れている
□ 食物が歯の間に詰まるようになった
□ 歯と歯の間に隙間ができてきた
□ 歯が長くなったような気がする
□ 硬いものが食べにくくなった

歯周ポケットの深さと症状

健康な歯と歯肉の場合、その間にある溝の深さは2~3ミリです。しかし、歯周病に罹患すると歯周ポケットができてその深さが増していき、さまざまな症状が現れてきます。

歯周ポケットの深さ 症 状
4~5ミリ 歯みがきをすると出血する。歯が浮く感じがする。歯肉がムズムズする。
6~7ミリ 口臭が気になる。歯肉から膿が出る。歯肉が腫れぼったい。ものが咬みにくい。
8ミリ以上 歯がグラグラしてくる。口臭がひどくなる。ものを咬めなくなる。

歯周ポケットの深さと症状 歯周ポケットの深さと症状 歯周ポケットの深さと症状

歯周病の進行過程
●健康な歯肉
薄いピンク色をして引き締まっている。また歯と歯の間に歯肉が入り込んで、弾力がある。

●歯肉炎
歯肉が全体に赤い。歯と歯の間の歯肉が丸みを帯びてふくらんでいる。腫れた歯肉と歯の間にプラークが溜まり、悪化していく。

●歯周炎
歯肉が赤紫色になり、歯と接している歯肉が腫れ上がっている。歯みがきをすると、出血したり膿が出てきたりする。また、歯と歯の間が広がるので食べ物が詰まりやすくなったり、歯肉が下がって歯が長く見えたりするようになる。さらに進行すると歯周ポケットが深くなり、歯槽骨が溶け始める。

歯周病の治療

歯周病の治療当院では「歯周病は歯科治療の土台」とも言えると考えております。ほかの治療をするにおいても、まずは歯周病の有無を調べ、病気が認められる場合にはこちらの治療から始めることを推奨しております。

基本治療
歯周病の進行に関わらず、はじめに行うべき治療です。病気の原因となるプラークの除去、歯石の除去を行い、さらに歯根面を滑らかにし、ぐらつく歯の咬み合わせを調整します。

●歯みがきによるプラークコントロール
ほとんどは、患者様ご自身がご自宅で行うセルフチェックとなります。当院では器械的に歯の清掃をするPMTCも行っております。

PMTCについてはこちら

●スケーリング
歯の表面や歯根面の歯垢や歯石を器械で取り除きます。

●SRP(歯肉縁下スケーリング・ルートプレーニング)
麻酔を使用し、歯周ポケットに入り込んだ歯石(縁下歯石)や炎症を起こした組織(不良肉芽)を専用の器具を使って掻き出します。

当院では、スケーリングからSRPまでを1時間かけてじっくりと治療しております。そうすることにより、治療後の予後が非常によいという結果が出ています。歯周病の進行に伴って歯は動いていきますが、その状態でものを咬むと歯への負担が増してしまいます。そのため、歯を削るなどして負担を軽くし、咬み合わせの調整をいたします。

外科的治療(歯周外科)歯周病の治療
基本治療では改善されず、細菌が生息している状態や歯周病が進行してしまった場合には、外科的治療で歯周ポケットの深さを減らす処置を行います。また、歯周病によって失われた歯槽骨を再生させる手術を行う場合もあります。

●APF(アピカリー・ポジションド・フラップ)
歯根を保護し、歯肉を回復させる治療法です。歯肉が狭い場合や深い歯周ポケットがある場合に、良好な歯ぐきの状態を形成したり、歯肉を維持あるいは増加させたり、歯周ポケットを除去したりします。術後は歯ぐきが下がって歯根が露出するため、知覚過敏が起こりやすくなります。また、二次う蝕も起こりやすくなるため、プラークコントロールを十分に行う必要があります。

●歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケットの深さが4ミリ程度の軽度の歯周病が対象となります。スケーラーを使って、歯根の表面についた汚れや歯周ポケットの内壁の感染した組織を取り除きます。清潔になった歯根面に歯ぐきが付着するので、汚れが溜まりにくくなります。

●エムドゲイン
エムドゲインゲル(歯周組織再生誘導材料)を使って歯周組織を再生させる治療法です。歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れを取り除いてからエムドゲインゲルを注入し、歯周組織を再生させます。

再生療法についてはこちら

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム