高度な技術を必要とするマイクロスコープ治療

マイクロスコープ治療マイクロスコープは、もともと耳鼻科や眼科で使われるようになった機材で、その後、脳神経外科、心臓外科などで使用されるようになりました。歯科治療に用いられるようになったのは1990年代ですが、日本ではこれを取り入れている歯科医院はまだ少ないのが現状で、全歯科医院の2~3%程度に過ぎません。つまり、多くの歯科医院ではいまだに歯科医師の勘と経験に頼った治療が行われているのです。

マイクロスコープの普及が遅れている原因としては、この機材が非常に高価であること、歯科領域で使われる歴史がまだ浅いことから教育の場が限られている、といったことが考えられます。マイクロスコープを十分に使いこなすには、歯科医師が知識と経験を身につけている必要があります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム