« 2019年9月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2016年2月24日

キシリトール配合のガムでも虫歯に?!

皆様こんにちは
恵比寿デンタルクリニック東京の松山でございます。

乾燥した日々が続き喉や口の潤いが失われますね。
そんな時はこまめな水分補給はもちろん、
飴を舐めたりガムを噛んだりで対策されているかと思います。
ですが、甘い飴や甘いガムを食べ歯を磨かないと虫歯になってしまうリスクがあります。
そこでキシリトールガム!
お口も潤いますし、お口の中が爽やかになりますよね(^ ^)
私も乾燥対策もですが、口寂しい時によく食べてます!
キシリトール配合で歯にもいいなんて素敵なんでしょう。

しかし、しかしですよ!

なんと市販されるキシリトール配合ガムだと虫歯になってしまうかもしれないんです!!
歯医者さんで働き始めて一番最初にびっくりしたことでした(笑)
甘い物すなわち糖類をとると口の中が酸性になり虫歯なってしまうのですが・・・
実は市販されているキシリトール配合ガムの中に糖類が含まれてるものがあるんです!!

注目していただきたいのは栄養成分表(カロリー等が記載されているところですね)
こちらの糖類を確認してみてください。
ここがゼロになっているものは糖が入っていないものになります。
ですので、歯磨きの後に召し上がっていただいても大丈夫なものになります。

むしろキシリトールには虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を甘味料の中で唯一弱められるんです。
そして、歯垢を付きにくくする効果と剥がしやすくする効果があります。
さらに歯の再石灰化を促進してくれます!!
キシリトールの本領発揮です!!
お恥ずかしながら私はキシリトールが甘味料だという事歯医者さんで働くようになってから知りました(^_^;)

食後と寝る前に食べるとより良いそうです。
ただ食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまうこともあるそうなのでご注意ください。

ちなみキシリトールは糖類よりもカロリーがひくにのでダイエット中口寂しくなってしまった時にも最適です(笑)
当院でも糖類が入っていなキシリトール100%のガム、タブレット取り扱っております。
何かご不明な点ございましたらスタッフにお気軽にお尋ねくださいませ(^ ^)

もちろん市販されているものが悪いものではございません。
お気に入りなものありましたら適度にお召し上がられることは良いかと思います!

何より日々のケアが一番でございます。
何か召し上がったのであれば歯磨きを・・
せめてお口をゆすいで下さると良いと思います(^ ^)

Google +1
2016年2月17日

よく噛んで食べて健康

初めましてこんにちは!
受付兼助手の松山です。

最近は凍えるような寒さで雪が降ったり
小春日和を越えて汗ばむ陽気になったりと天気は大忙しですね(^^;;
お風邪もひかれている方多いようなので私自身も大変気を使っております。

うがい手洗いそしてよく食べよく寝ています。
その甲斐あってか今シーズン元気に過ごしているわけですが、
なんでも『適度』というものがありまして・・・
頭の片隅にはあったんですけどね。
ついつい食べ過ぎて、その後満腹でよく寝るということを繰り返していましたら・・
見事にお洋服がキツくなりました!!(前回の藤井先生のネタと被ってしまってますね笑)
これは大変よろしくない!!と思い夜の自分へのご褒美という名のおやつタイムをやめ、
白いご飯も夜は我慢しております。
あとよく噛むことも心がけてます。
他食事制限は一切しないゆるいダイエットですが
それでもいつもより食べる量は減るのでもの足りないです。

そんな苦難を乗り越えた朝のご飯はとても美味しいです!!
我が家は和食派なのですが、白いご飯が本当に美味しく咀嚼できる喜びを噛みしめます!!
朝ごはんを食べてお腹も心も満たされて良い1日が始まるわけです。
美味しいものを食べるということが大好きなのでこれからも自分の歯は大切にしていきたいです。
何より良い食事をすることは身体だけではなく心の健康にも良いですし!
人は1日に消費するエネルギーのうち10%も食事で消費するそうですし!
バカにできません!!
皆様のより良い食生活をお手伝いできればなと思いますので
些細なことでもご相談お待ちしております(^ ^)

Google +1
2016年2月10日

歯周病で抜歯。インプラントへ

こんにちは。
院長の藤井です。
寒い時期はおいしいものが沢山で体重の方も増えてしまいました、、、。(汗)
人間ドックにも行きましたがメタボ予備軍ですって。(はあー、、、。)
これを機にダイエットをはじめました。
いつまで続くやら?
もし今度お会いするときスマートになっていたら、「痩せたね」って言って下さいね。

今回は歯周病で抜歯しインプラントを行った症例です。

DSC_0003.JPGのサムネール画像

右上の奥歯が噛み合わせの問題と歯周病により、歯を支える骨がなくなってしまった状態です。
こうなってしまうと残念ですが抜歯になってしまいます、、、。

ここでインプラントの登場です!!
入れ歯という選択肢もありますが入れ歯のデメリットとして入れ歯を支える歯が将来的にダメになることや、思いっきり咬めないというものがあります。

これにくらべてインプラントは違和感も少なく思いっきり食べれるとのことです。

DSC_0021.JPG

入れ歯が痛くて咬めないなどお困りの方は是非ご相談下さい。

Google +1

院長 藤井毅
恵比寿デンタルクリニック東京
院長 藤井毅
http://www.ebisu-shika.tokyo/

Google +1