« 2016年8月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2016年7月27日

虫歯かと思えば知覚過敏!

こんにちは。
恵比寿デンタルクリニック東京
受付兼助手の松山です。

梅雨も明け夏本番真っ只中ですね!!
暑い日が続いておりますが、序の口。
明日は36度まで上がるそうですよ!!
高温になると怖いのが熱中症です。
熱中症はこまめな水分補給も大事ですが、
何より睡眠不足が大敵だそうですよ。


今日はCMなどで1度は耳にしたことがある知覚過敏についてお話しようと思います。

*症状*
虫歯でもないのに冷たいものや暖かいもの、
酸性度の強いものを食べたり、歯磨きをするとキーンとした痛みが出ます。
私は症状がでたことがないのでわからないのですがこれが結構辛いらしいです。

*メカリズム*
歯の表面はエナメル質で覆われています。
それがなんらかの原因で傷つき削れ、
中の象牙質がむき出しになることにより痛みが出ます。
img_tooth_structure_l.png

*原因*
間違ったブラシング。
研磨剤入りの歯磨き粉を1回の歯磨きでたくさん使う。
歯ぎしり、噛み合わせが悪い。
歯周病により歯茎がさがる。
加齢により歯茎がさがる。
などなどこれらによりエナメル質が破壊されたり、
歯茎で覆われていた象牙質が出てしまうことで知覚過敏になります。

*治療法*
知覚過敏用の薬を塗りこむ。
剥き出し部分をプラスチックで埋める。
マウスピースで歯が削れることを防ぐ。
歯周病の治療をする。
1度歯茎が下がってしまうと完全に元に戻ることは難しいです。
又、削れてしまい象牙質部分が剥き出しになってしまった部分も完全に元通りに治すことは難しいです。
その為、これ以上下がらないよう削れないように予防すること。
そして剥き出しになってしまった部分は上から補修する治療になります。
症状が酷い場合は神経を抜くことになることもあります。

知覚過敏は加齢もありますが日々の悪習慣からくる口腔内からのSOSです。
もし、症状がでましたら放置せずにお気軽にご相談下さいませ。
お待ちしております(^ ^)

Google +1
2016年7月20日

ご予約お問い合わせは電話でもメールでもEparkからでも〜

こんにちは。
恵比寿デンタルクリニック東京
受付兼助手の松山です。

学生さんは夏休みに入ったのでしょうか?
1ヶ月以上の休み良いですね(^ ^)
いつもより時間がある今!
お子さんのお口の中で気になっている部分はありませんか?
また、お久しぶりに検診はいかがでしょうか?

当院へのご予約、お問い合わせはお電話でももちろん行っておりますが、
その他当院のHPのお問い合わせフォームやEparkというサイトからの受け付けております。

もちろんご予約を当院へ直接お越しいただきお取りいただいても構いません。

先日予約はメールがいいですか?電話の方がいいですか?
とお問い合わせ頂きました。
どの方法でも大歓迎です!
メールやサイトからご連絡いただくよりも
お電話の方が早く最新予約情報をお伝えできます。
しかし、お電話ですと診療時間のみの対応になっておりますので
診療時間外はメール等の方がお好きな時間にご返信できいいかもしれませんね。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
お待ちしております(^ ^)

Google +1
2016年7月13日

麻酔後の注意点!

皆さんこんにちは。
恵比寿デンタルクリニック東京
受付兼助手の松山です。

ブログ最後の保存でまさかのネット接続不良で消えてしまい凹んでおります(ー ー;)
いつもは定期的に保存するのですが今回はせず・・・
悔やまれます!!

今回は麻酔後の注意点について書いてました(笑)


*麻酔の効き目は大体1時間〜3時間*

打つ量、場所、個人差がありますが大体1時間〜3時間と言われてます。
お子さんは歯茎や骨が細い為もう少し早く切れる場合が多いですが、
歯茎や骨が細い分効きがよく半日ほど痺れが取れないこともあるそうだす。


*麻酔後の食事にて火傷や噛み間違えに注意*

麻酔をしたことでの何時間飲食を控えるということはありません。
ただ、感覚が麻痺してますので火傷や噛み間違えにはお気をつけくださいませ。
特にお子さんは麻酔が切れてからの食事の方が安全かもしれません。


*麻酔が切れる前に痛み止めの服用*

麻酔が切れた後に痛みが出る場合があります。
痛みが心配であれば麻酔が切れる前に痛み止めを服用されてもいいかもしれませんね。


*麻酔した所は触らない*

麻酔の切れ始めは違和感やかゆみを伴うことがあります。
麻酔は針を刺す為傷になっています。
むやみやたらに触りますと感覚がわからない為
大きく傷になってしまったり細菌が入ってしまったりすることもあります。
触らないようにしましょう。


*麻酔のした所押すと痛い*

治療の内容で骨に針を刺して麻酔することがあります。
その場合骨に多少傷がつく為押すと痛みが出る場合があります。
2週間程で治ることが殆どですが、痛みが強い場合やひかない場合はご連絡ください。


麻酔の針は細くなり昔より痛みは感じにくくなりました。
また、痛みに敏感な部位や希望の方には表面麻酔を使ってます。
ですが、麻酔を使う治療をするということは内容によっては
お酒やおタバコ、刺激物を控えていただく場合があります。
ご予約をお取りする際ご予約のお日にちのご予定は考慮したほうが良さそうですね。


最後に眞野先生のお休みが決まりました。

7月24、31日、8月28日、9月6日午後

ご不便お掛け致しますがよろしくお願いします(^ ^)

Google +1
2016年7月 6日

〜夏季休暇のお知らせ〜 お盆も診療致します!

皆さまこんにちは。
恵比寿デンタルクリニック東京
受付兼助手の松山でございます。

いつの間にやら7月ですね!!
当院の女子スタッフは夏好きが多いので
夏のイベントに向けてウキウキしております(^ ^)
皆さまはお出かけの計画など立てられましたでしょうか?

当院の夏季休暇でございますが
今年はお盆の時期も診療しております。
今年から8月11日が山の日で祝日になりますので休診致します。
先生方、衛生士さん各々連休をいただく日はございます。
その為ご予約に関しましてご希望に添えない場合がございます。
ご不便お掛け致します。
担当の者お休みでもできる限り対応させえていただきますので
お気軽にお尋ね下さいませ。


〜只今決まっております先生のお休み〜

藤井院長先生→8月6日から11日
岡本先生→7月12日から16日

また、学会出席の為藤井院長先生が9月7日から10日までお休みになります。

最新情報につきましてはスタッフにお尋ね下さいませ。
宜しくお願い致します。

Google +1

院長 藤井毅
恵比寿デンタルクリニック東京
院長 藤井毅
http://www.ebisu-shika.tokyo/

Google +1