治療経験を重ねることで到達した考え方

歯科治療に対する以上のような考え方を持つに至ったのは、歯科医師となってから今日まで、治療経験を重ねる中で私が培い、考えを重ねてきた結果です。

インプラント以外に興味がなかった時代院長あいさつ
私がまだ歯学部の学生だった頃、歯科の世界ではインプラントが全盛でした。天然歯と同じようにものを咬むことができるようになるというこの治療法は、まさに夢の治療でした。もちろん、インプラントを施術するには高度な技術と経験が必要です。

新しい医療技術に魅了されていた私は「インプラントこそこれからの歯科医師に必要なもの」と考え、いずれ開業するときにはインプラントを中心に患者様を診ていきたいと考えました。

大学卒業後、私は横浜のある歯科医院の勤務医となりました。何事も興味をもったものにはとことん突き詰めるまで熱中する癖のある私は、毎日の医療の傍ら、夢中でインプラントの勉強を続けていきました。私の胸の内では「3年間ここで頑張ったら、独立してインプラントを中心とした医院を開業しよう」と考えていたのです。

基本に立ち戻ることの大切さに気づく
その後、1年、2年と歯科医師の仕事を続けているうちに「これはちょっと違うのではないか」という思いが表れてきました。私が勤めていた医院の院長は非常に勉強熱心な方で、勉強会などの機会があればどんどん参加するように勧めてくれました。そのおかげで、インプラントだけでなく、あらゆる治療科目について知見を広め、またほかの歯科医師との交流も広げていくことができました。その結果として、私の心の中にも変化が起きてきたのです。

確かにインプラントは素晴らしい治療法です。ただしそのためには、ムシ歯治療や根管治療、それに歯周病の治療も欠かすことができません。

たとえば歯周病は、歯周ポケットに溜まった歯周病菌が歯肉や歯根部を侵していき、最後には歯を支える歯槽骨(顎の骨)を溶かしてしまい、歯が抜けてしまうという病気です。インプラント治療をする前に、十分に歯周病を治しておかないと、インプラントの残存率が非常に低くなるということがわかっています。

同様に、インプラント治療を行う前にムシ歯治療や根管治療もしっかりしておく必要があることが、経験を積み重ねていくほど痛切に感じられるようになりました。

インプラントのような先進的な治療を行うには、歯科治療の基本とも言えるムシ歯治療や歯周病治療、根管治療などをしっかりした上でなければ、決してよい結果は得られないのです。

ここにきて、私が胸に描いていた「3年後に独立してインプラント中心の歯科医院を開業する」というプランは「もっと基礎の勉強を充実させ、歯科医師として総合的な知識と技術を磨いていく」ことに変わっていきました。そして患者様と真摯に向き合い、研鑽に努める日々が、最終的に12年続くこととなりました。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム