よくある質問

Q1. 矯正に年齢的な制限・適齢などあるのでしょうか?

年齢制限は特にありません。5~6歳の永久歯交換期から矯正治療は可能です。


Q2. 矯正装置が目立つのはイヤなのですが。

目立ちにくい装置として、審美的に優れたホワイトワイヤーや、透明なマウスピース型のインビザラインがあります。ただし、口腔内の状態によって適応する装置も異なりますので、一度相談してみてください。


Q3. 痛みに弱いので、痛みによって生活に支障が出ないか心配です。

診療時には痛みが最小限になるように治療に配慮しております。ワイヤー矯正では、NiTiの合金の柔らかくて形状記憶に優れたワイヤーで行っているため、痛みは最小限に抑えながら歯を動かすことができます。


Q4. 歯を抜いて矯正しなければならないでしょうか?

口腔内の状態によっては、歯を抜かなければいけない症例もあります。無理やり抜歯せず治療を行うと、歯の土台となる骨の範囲を超えて歯を並べることになり、後戻りの原因になります。
検査・診断を行い、それでも抜歯が必要な場合は、ご了承いただきたいと思います。


Q5. 子供の矯正を始めるのに最適な時期はいつ頃でしょうか?

第一大臼歯や、前歯が生えた頃の5~6歳頃から適応になります。ただし、反対咬合などの場合はもっと早くから始めることもあります。


Q6. 矯正歯科治療後、もとに戻ったりしませんか?

矯正治療後、後戻りがないようマウスピースの保定装置を使います。ただし、矯正治療の後戻りだけでなく、加齢変化で歯並びが変わることもありますので、矯正治療後はしっかり保定装置を使うことを勧めております。


Q7. 矯正治療中に引っ越した場合は、どうすればよいですか?

通院先となる医院に、転院資料(診断に用いた資料(模型・レントゲン・写真など)、今までの治療経過)を送り、転院後の治療をスムーズに行えるように配慮しております。
ただし、矯正治療は基本的に自費治療となり、原則返金は行っておりません。どうぞご了承下さい。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム