当院で扱う入れ歯の種類

プラスチック義歯(保険適用)プラスチック義歯
ほとんどの症例で対応できる入れ歯です。治療費が安くすむというメリットがありますが、厚みがあるためお口の中に違和感があります。プラスチックのため、割れることがあります。また食べ物の熱さや冷たさが伝わりにくく、味がわかりにくくなります。

金属床義歯(自由診療)金属床義歯
床部分に金属を使用するので、薄く作ることができます。そのため、違和感の少ない、装着感のよい入れ歯にすることができます。床部分が薄いため自然に近い形態となり、舌の動きが邪魔されずにすむので発音がしやすいというメリットがあります。また、食べ物の温度も伝わりやすいので、美味しく食事をすることが可能です。

ノンクラスプデンチャー(自由診療)ノンクラスプデンチャー
金具(バネ)がない部分入れ歯です。金具がないので目立たず、金属アレルギーの心配もありません。柔軟性があるので割れにくく、安定してものを咬むことができます。

オーバーデンチャー(自由診療)オーバーデンチャー
インプラントと組み合わせた入れ歯です。歯を失った顎に2~4本のインプラントを埋入し、取り外し式の入れ歯を装着します。インプラントにしっかり固定されるので、入れ歯がずれることもなく、食事もしやすくなります。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム