マイクロスコープを用いた治療

マイクロスコープを用いた治療ムシ歯治療や根管治療に威力を発揮するマイクロスコープ。繊細で精緻な治療をするには欠かすことができない機材です。治療部分を高倍率で拡大するというその機能は、審美歯科治療でも大いに活躍しています。

美しい歯を実現するために、審美歯科では被せ物や詰め物をします。美しい被せ物等を作るには、どうしても歯を削らなければなりません。しかし、削る量が少なすぎても多すぎても、治療はうまくできません。それというのも、歯の中には神経が通っているので、削りすぎると神経を傷めてしまうのです。また、削る量が少なすぎると被せ物がどうしても大きくなってしまうので、審美的によくありません。その上、肉眼で削ると被せ物が当たる部分に微細な削り残しができてしまい、適合があまりよくないというデメリットもあります。

マイクロスコープを使うことでこうした微妙な削り方の加減が可能となり、ミクロン単位で歯を削り、最適な状態で被せ物等を装着できるようになるのです。さらに当院では歯を削るときに用いるバーにも特殊なものを使っており、タービンで削ったあとに超音波で仕上げをしています。超音波を使うことで、痛みが少なく歯肉を傷つけることもない、安心安全な治療を実現しております。

マイクロスコープ治療についてはこちら

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム