顎の骨が薄い場合でも可能なインプラント

インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込みますので、十分な骨量が不可欠です。しかし、歯周病が進行して歯が抜けてしまった場合や、ムシ歯が進行して抜歯をした場合、時間が経つにつれて歯がない部分の顎の骨が次第に薄くなっていくことがあります。このような方は、通常インプラント手術を断られてしまいますが、十分な骨量がない場合でも、当院では造骨手術で骨を補う治療を行っていますのでご安心ください。

GBR(骨誘導再生)法
GBR
GBR法とは、顎の骨が痩せてインプラントを埋入するための幅が十分にない場合、骨量を増やす方法です。骨量を増やすには、骨補填剤と自家骨(頬の奥の骨)を混ぜたものを歯肉の内部に入れ、チタンメッシュという網状の膜で覆います。そうすることで骨が誘導再生され、人工歯を装着することができるようになります。十分に骨が再生されるまでには、およそ4~6か月かかるとされています。

上顎の骨を増骨するサイナスリフトとソケットリフト
●サイナスリフト
サイナスリフト
骨の厚みが3~5ミリ以下の場合や、抜けてしまった歯の数が多い場合に行います。上顎の奥歯の上方にある上顎洞(サイナス)という空洞に骨移植をするか、骨と同じ組成を持つ充填剤を埋めていきます。骨ができるまで3〜4か月程度待ち、インプラントを埋入します。

●ソケットリフト
ソケットリフト
骨の厚みが3~5ミリ以上ある場合に行います。歯が抜けた(あるいは歯を抜いた)部分から上顎の骨に穴を開け、骨移植をしてからインプラントのネジ部分を埋入します。この状態で3か月ほど待ち、人工歯を装着します。ソケットリフトはサイナスリフトよりも侵襲度が低いので、術後に腫れたり痛んだりすることがほとんどありません。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム