日本人の成人は80%が歯周病にかかっています

歯周病治療

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患です。毎日の歯みがきで歯と歯肉の間をきれいにしていないと、そこに歯垢(プラーク)が溜まり、非常にたくさんの細菌が繁殖していきます。その結果、歯肉が炎症を起こして赤くなったり腫れたりします。これが進行すると、歯と歯肉の間に歯周ポケットができて歯槽骨を溶かし始めます。ひどくなると、歯が抜けてしまったり、抜歯しなければならなくなったりします。

歯周病を進行させる因子歯周病
適切な歯みがきをしていないことにより、歯と歯ぐきの間を中心に歯垢(プラーク)が溜まります。プラークはそのままにしておくと硬くなっていき、やがて歯石という物質に変化し、歯の表面に付着します。歯石になると、歯みがきだけでは取り除けなくなります。歯石にはさらに歯周病菌が入り込み、毒素を出して歯周病を進行させていきます。このほか、歯周病を進行させる因子として以下のようなものがあります。

・歯ぎしり、食いしばり、咬みしめ
・クラウンや義歯の不適合
・不規則な食習慣
・喫煙
・ストレス
・糖尿病、骨粗しょう症、ホルモン異常などの全身疾患
・薬の長期間服用

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム