ムシ歯の自覚症状

ムシ歯の自覚症状●痛みなどは感じない
ごく初期のムシ歯。エナメル質内だけのムシ歯なので、適切な歯みがきをすることで再石灰化する可能性があります。

●甘いものがしみる
少し進んだムシ歯。浸透圧の関係で、甘いものがしみるようになります。

●冷たいものがしみる
象牙質までムシ歯が進んだ状態。

●熱いものがしみる
ムシ歯が歯髄(神経)まで達している状態で、かなり進行しています。

●黙っていても痛みがある
非常にムシ歯が進んだ状態。ここまでくると、麻酔も効きにくくなります。

●それまで続いていた痛みが治まって、放置している状態
痛みを感じる神経そのものが壊死している状態です。そのまま放置すると、歯根部分に膿が溜まるようになり、激痛が生じます。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム