再生療法とは

再生療法

再生療法とは、歯周病によって歯肉が痩せてしまったり歯を支えている歯槽骨が溶けてしまったりした場合に、歯肉や顎の骨などの歯周組織を外科手術によって回復させる治療法です。

再生療法では縫合が最も重要ですが、肉眼ではしばしば歯肉をうまく縫い合わせることができないことがあります。当院ではマイクロスコープを使い、縫合の際にも精度の高い治療を行っております。

再生療法の種類

再生療法の種類歯周組織の再生療法には、エムドゲイン、GTR、骨移植があります。また、歯周形成外科として、FGG(遊離歯肉移植術)とCTG(結合組織移植術)があります。

エムドゲイン
エムドゲインは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。主成分は、子どもの歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の一種であるエナメルマトリックスデリバティブです。

歯の周りにある汚れや悪くなった組織を完全に取り除き、骨量が減ってしまった部分にエムドゲインゲルを注入して歯周組織の再生を促します。歯が作られるときと同じタンパク質なので、自然に吸収されて再生が始まります。

GTR
まず、歯の周りにある汚れや悪くなった組織を完全に取り除きます。そして骨量が減った部分に人工膜(メンブレン)を設置して歯周組織を再生させます。歯周組織が回復したあとに人工膜を除去する必要があります。

骨移植
歯槽骨が溶けてしまい、骨が失われた部位に自家骨や人工骨を移植する治療法です。骨を移植する部位の周囲にムシ歯や歯周病がある場合には、それらの治療後に移植を行います。

FGG(遊離歯肉移植術)
歯肉が下がってしまった部分の周囲に、上顎の口蓋から上皮のついた歯肉を切り取って移植します。

CTG(結合組織移植術)
上顎の口蓋から結合組織だけを切り取り、歯肉が下がっている部分の上皮と骨膜の間に移植します。こうすることによって、歯根面を覆う歯肉に厚みを出します。

術後のケア

術後のケア手術によって再生した歯周組織も、その後のお口のケアを怠って歯周病が再発してしまっては意味がありません。再生療法後は、定期検診を受けて歯周病を予防することが大切です。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム