難しい親知らずの抜歯も行っています

歯科口腔外科

歯科口腔外科とは、お口の中で外科的な処置が必要な病態を治療する科目です。当院では、普通の親知らずの抜歯だけでなく、一般歯科では難しい、骨に埋まっている状態の親知らず(埋伏歯)の抜歯も行っています。また、口腔内にできた嚢胞の摘出・切除なども行っています。
※状態によっては大学病院をご紹介することもあります。

親知らずはお口の厄介者です

親知らず親知らずは、正式には「第三大臼歯」と呼ばれる、一番奥に生える歯です。多くは中学生の頃から生えるもので、20歳頃から中年にかけてさまざまなトラブルを引き起こします。

親知らずが起こすトラブル
●親知らずの周囲の歯ぐきが炎症を起こしやすい(智歯周囲炎)
親知らずの周囲の歯ぐきは歯冠部のエナメル質と正常にくっついていないため、歯周病と同じようにポケットができている状態です。そのため、細菌感染して歯ぐきが腫れたり痛みが出たりします。

●親知らずの周囲の骨が炎症を起こしやすい(骨炎)
親知らずにできたムシ歯が進んで歯髄まで死んでしまうと、歯根に骨を溶かす病巣や膿の袋(嚢胞)ができます。これに細菌が感染して、骨に炎症が起きます。

●親知らずの手前にある歯がムシ歯になりやすい
親知らずと手前にある歯との間に段差ができてしまい、きちんと磨けなくなってしまいます。そのため、歯垢が溜まりやすく、手前の歯がムシ歯になったり歯周病になったりします。

●親知らずが手前にある歯を押してしまい、歯並びが悪くなるリスクが大きい
生えてくるスペースがないところに親知らずが生えてくると、ほかの歯を押して出てきてしまうため、正常な歯並びが崩れてしまうことがあります。そのため、咬み合わせにも悪影響が出てきます。

●顎関節症の原因となる場合がある
親知らずが1本だけほかの歯よりも出ていたりすると、歯が親知らずに当たらないように無意識のうちに顎を回避させて動かすようになります。その負担が顎に蓄積していき、顎関節症の症状が出ることがあります。

親知らずは基本的に抜くことをお勧めしています親知らず
親知らずの中には、正しい位置にまっすぐに生えているものもあります。また、親知らずはあっても根が作られておらず、骨の中に埋まっている状態のものもあります。こうした親知らずは無理に抜く必要はありません。

しかし、親知らずが横倒しになっていたり斜めに生えてきていたりする場合、あるいは正常な向きに生えてきていても完全に生えきれずに途中で止まっているような場合には、抜歯をした方がよいと言えます。

小帯切除

上下の唇を押し広げると、それぞれの中央に縦に帯状の筋があります。これが小帯です。小帯が長すぎたり厚かったりすると、前歯の歯と歯の隙間が大きくなる正中離開になったり、発音や言語に問題が起きるリスクが出てきます。また、審美的にもよくないことも。そこでこのような場合には、小帯付着異常として小帯の切除を行います。

お口の中のできもの

お口の中のできものお口の中に腫瘍あるいは腫瘍に似た病変ができることがあります。また、お口の周囲にある唾液腺に腫瘍ができることもあります。ごく稀には口腔がんが発見されることもあります。
こうした場合は、何よりも早期発見・早期診断が大切なので、お口の中になかなか治らないできものや口内炎がある場合には、なるべく早くご来院ください。良性のものであれば切除いたします。がんの可能性がある場合には、より専門性の高い大学病院へご紹介いたします。

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム