歯科医療の常識を覆した、怖くない治療です

痛みの少ない治療

歯を削るときの金属音や麻酔注射の針など、歯科治療に対して恐怖心をお持ちになっている患者様は少なくありません。当院では、そうした患者様の「怖い」や「痛い」を最小限にするように配慮しております。歯科治療は痛いから嫌だ、と通院に踏み切れない方も多数ご来院いただいています。

麻酔時の痛みを和らげる表面麻酔痛みの少ない治療
歯科治療に伴う痛みを緩和するのに、麻酔は欠かすことができないものです。しかし患者様の中には「麻酔の注射が怖い」「針が刺さったときの痛みが嫌だ」という方もいらっしゃいます。そこで当院では、麻酔注射をする前に、ご要望に従って表面麻酔を行っています。表面麻酔とは、クリーム状の塗り薬やスプレー状の麻酔薬で、これを患部に直接つけることによって、針を刺すときの痛みをほとんど感じずにすむようになります。

注射針を見せない配慮をしています
"お口の中に注射をする"ということに恐怖心を持っている患者様は、注射針を見ただけで緊張してしまうものです。当院では、あらかじめ患者様のお顔にタオルをかけてから注射をしますので、一切注射針を見ることがありません。

麻酔の効きをよくする電動麻酔痛みの少ない治療
電動式の麻酔器は、一定のゆっくりしたスピードで麻酔薬を注入していきます。そうすることによって、注入時の圧力による痛みを軽減し、より麻酔を効きやすくする効果があります。

どうしても怖い!という方には静脈内鎮静法があります

静脈内鎮静法歯科治療に対して抜けがたい恐怖心を持っている患者様の中には、歯科医院に来ただけで血圧が上がってしまったり、動悸が激しくなってしまったりすることがあります。当院では、そうした患者様のお気持ちにできるだけ寄り添うよう努め、不安やストレスが最小限となるよう心がけております。

当院には専属の麻酔専門医がおり、抜歯をするときやインプラント治療を行うときなどに静脈内鎮静法を使うことがあります。この方法は、腕の静脈に点滴をして鎮静剤を注入するという麻酔法です。点滴を投与すると、数分後に薬が効き始めて眠くなります。しかし完全に眠ってしまうのではなく、意識はあります。ただ、不安や緊張が和らいで痛みを感じにくくなるのです。
※施術後はしばらくの間、眠気やふらつきがあるので、クルマの運転はお控えください。

<静脈内鎮静法の効果>
・不安や恐怖心が薄れ、リラックスした状態で治療を受けられる
・血圧や呼吸の様子を監視しながら処置をするので、持病をお持ちの患者様でも治療が出来る
・健忘効果があるので、治療をしていたことを覚えておらず、実際よりも早く治療が終わったと感じられる
・嘔吐反射が起こらない
・血圧上昇や心拍数増加など、身体の不具合が生じた場合でも、安全かつ適切な対応を取ることができる

まずはご相談ください

まずはご相談ください

各種保険取り扱い 予約・問合せフォーム